2022.11.18

NEW! 産金学官技術フォーラム2022

神戸高等専門学校様主催の産金学官技術フォーラム~技術をつなげる~(11月9日)のブース出展に、鋳造技術チームから2名が参加をさせていただきました。

多田スミスのコア技術であるアルミダイカストと多田スミスの取り組みについて、神戸高等専門学校の学生の皆さんに知っていただく非常に良い機会をいただき、大変感謝しております。

ブースでは2台のモニターを設置し、グループごとに15~20分程度、機械工学科4年生(ロボット科・エネルギー科)総勢約20名ほどの学生・教員の方に、流動解析やDC17号機の無人化の動画を交えながらプレゼンテーションと質疑応答を行いました。

プレゼンテーションを行った鋳造技術チーム I・Tリーダーは

「授業で実技の経験などから専門的な質問もあり、学生のレベルの高さが感じられました。
今回説明を行った学生やそれ以外の学生の皆さんが、一人でも多く多田スミスという会社を知ってもらい 興味をもってくれたら今回参加した意義があったのではないかと思います。」

同じく鋳造技術チームのI・Hさんは

「大学生とは異なり、実学重視の専門学校生の希望はやはり身に着けた技術によってアドバンテージが得られる企業を求めていると感じました。
DX、SDG’sといった、昨今の流れに沿った研究課題からもそういったところが窺えました。
この先、多田スミスがこういった学生を求めていくにあたり様々な課題があることを再確認し、学生のニーズとのマッチングに生かせればと考えています。」

と今回の手応えと今後に向けての意欲を語りました。

弊社では今後も様々な形で学生・学校関係者の皆様と技術交流を図りたいと考えております。

フォーラムにのぞむI・Tリーダー(左)とI・Hさん(右)